f:id:momotoyuin:20170912104714j:plain

彼氏や旦那さんがいつもちんちんを触っていませんか? そんな疑問を持つ方のため&僕があまりにも彼女に言われるので、考察することになりました。

なお、マイルドな表現のため、一部アルファベットで表記しています。

 

  • 街中で
  • 家で
  • 無意識を考える
  • アレクシス・サンチェス(サッカー選手)
  • 骨掛け
  • けつ毛 
  • まとめ

 

街中で

(無意識に調整中)

怪しいけやめて

じゃあ触るなって言うと?

いやいや、なんで私が悪いみたいな言い方するん

いや、そんなことないけど

いやいや、おかしいのど〜〜〜〜〜〜見てもあんたやん

ぴぃ

なんか落ち込んどるフリしとるけど、言ってもどうせまた触るやん

無意識とは言え、ささっとしているつもりなんです。

数秒間モゾモゾしたり、ポケットの中からゴソゴソ調整するわけではありません(そちらの方が怪しまれると過去に判断したのでしょう)。

ただ、それが彼女から見れば、堂々としているように見えるらしいから困ったもの。とは言え、自信がない男に女性は辛辣な態度を取る傾向にあるので、正解がわからない状態です。

 

家で

ま~たちんちんいじくりよる

……

f:id:momotoyuin:20170911221244p:plain

直らない。。。

 

無意識を考える

無意識に触る理由……最初に思いついたのはチンポジという言葉です。

「チンポジ」について検索をかけると、一定のポジションに固定していないと落ち着かないとか、ポジション別のイラスト集などが出てきます。

んんー……なぜでしょうか。……何か的を得てない気がしてなりませんでした。

そもそも、ちんちんは収縮するものです。スタンダードな状態、MAXな状態、38℃の熱がある状態……どれも異なります。言うなれば、健康のバロメーターみたいなもんなんですよ。

なので、ある程度気になってしまう(=触ってしまう)のは仕方がない気がします。触ると落ち着くという方もいるでしょう。しかし、何か本質を見落としているという感覚がありました。

 

そんなある日――

睡眠中に寝返りと打った時、自然とtamabukuroを持ち上げている自分に気が付きました。ふわっと抱え込み太ももに挟まらないようにしていたんです……この時になって、やっとわかりました。

僕がちんちんを触る理由は、tamabukuroを快適なポジションへ導いてやること。ちんちんと言っても、bouではなくtamaの方だったんです。

 

アレクシス・サンチェス(サッカー選手)

幼稚園から高校まで、僕はサッカーをやっていました。その影響もあり、太ももが太いんです。スキニージーンズなんて一度も履いたことはありません(入りません)。

サッカーを引退して数ヶ月後、すぐに太ももと太ももがくっつきました。筋肉が脂肪に変わったことが原因です。なので、物理的な空間面積の減少の影響で、tamabukuroが股の間に収まりにくくなってしまったと考えられます。故に、股の前方にtamabukuroが位置していないと落ち着かなくなったわけです。

それを証明している現役のサッカー選手がいます。アーセナル所属チリ代表アレクシス・サンチェスです。

非常に理解のあるパンツの上げ方をしています。写真左。